美容外科看護師 > 美容整形外科の看護師の仕事

美容整形外科の看護師の仕事

最近は、全国各地に様々な美容クリニックが点在するようになりました。それだけ利用者が増えているという証拠でもありますが、同時に看護師の求人募集も増えてきているようです。美容クリニックで働く看護師の仕事といっても、いまいちイメージが湧きづらいといえますので、具体的な仕事の内容から看護師の役割について、詳しくご紹介していくことにしましょう。
美容外科看護師求人サイト

基本的に、美容クリニックといっても、大きく2種類に分かれます。美容外科と美容皮膚科です。一見、どのような違いがあるのか分からないといえますが、業務内容や求められるスキルに違いがありますので、勤務を希望する前に、必ず確認しておいた方がよいでしょう。

まずは、美容外科から見ていくことにします。美容外科へ来院する患者さんは、ほとんどが健康体であり、病気を患っていることはありません。 施術内容としては、豊胸や脂肪吸引など体の外面の手術をすることがメインとなるようです。ですから、看護師の主な業務内容は、受付、施術前後のカウンセリング、手術の介助、医療器具の管理がメインとなるでしょう。

また、一般の医療機関に勤めている看護師よりも、コミュニケーション能力を重視されることが多いといえそうです。 一方、美容皮膚科の場合は、どうなのでしょうか。こちらは皮膚の施術がメインとなっています。やけどの治療や、タトゥーの除去、アンチエイジングなど、皮膚の美容に特化した施術を行っていることがほとんどです。

そのため、仕事の内容としては、受付業務やカウンセリングだけではなく、医療器具の管理やセッティング、施術、注射などの針刺し業務などを行うケースが多いといえます。 また、美容皮膚科によっては、エステを取り入れているケースもあるため、マッサージの技術などを身に付ける必要も出てくるといえるでしょう。

以上、美容クリニック働く看護師の仕事についてご紹介しました。上記2つの職場で働く場合、高度な医療技術やスキルは必要とされませんが、できれば病棟勤務の経験や、接遇能力も身につけていた方が働きやすくなるといえそうです。