美容整形外科に興味がある看護師さんは必見です!

美容整形外科の看護師の仕事

最近は、全国各地に様々な美容クリニックが点在するようになりました。それだけ利用者が増えているという証拠でもありますが、同時に看護師の求人募集も増えてきているようです。美容クリニックで働く看護師の仕事といっても、助産師の求人転職と同じようにいまいちイメージが湧きづらいといえますので、具体的な仕事の内容から看護師の役割について、詳しくご紹介していくことにしましょう。

基本的に、美容クリニックといっても、大きく2種類に分かれます。美容外科と美容皮膚科です。一見、どのような違いがあるのか分からないといえますが、業務内容や求められるスキルに違いがありますので、勤務を希望する前に、必ず確認しておいた方がよいでしょう。

まずは、美容外科から見ていくことにします。美容外科へ来院する患者さんは、ほとんどが健康体であり、病気を患っていることはありません。施術内容としては、豊胸や脂肪吸引など体の外面の手術をすることがメインとなるようです。ですから、看護師の主な業務内容は、受付、施術前後のカウンセリング、手術の介助、医療器具の管理がメインとなるでしょう。

また、一般の医療機関に勤めている看護師よりも、コミュニケーション能力を重視されることが多いといえそうです。 一方、美容皮膚科の場合は、どうなのでしょうか。こちらは皮膚の施術がメインとなっています。やけどの治療や、タトゥーの除去、アンチエイジングなど、皮膚の美容に特化した施術を行っていることがほとんどです。

そのため、仕事の内容としては、受付業務やカウンセリングだけではなく、医療器具の管理やセッティング、施術、注射などの針刺し業務などを行うケースが多いといえます。また、美容皮膚科によっては、エステを取り入れているケースもあるため、マッサージの技術などを身に付ける必要も出てくるといえるでしょう。

以上、美容クリニック働く看護師の仕事についてご紹介しました。上記2つの職場で働く場合、高度な医療技術やスキルは必要とされませんが、できれば病棟勤務の経験や、接遇能力も身につけていた方が働きやすくなるといえそうです。

看護師の転職回数はどれくらい?

看護師は転職しやすい職業として知られています。そのため、転職回数が非常に多くなってしまう方もいるようです。

現在、看護師は売り手市場とも言われています。 ですが、転職すればするほど転職では不利になるというのは間違いありません。 ただ、具体的に何回くらいまでであれば転職しても大丈夫なのか?というのはなかなか難しい問題ですよね。

実際に2~3回以上転職をしているという方はたくさんいます。 ただ、3回以上転職をしたという方は全体の20%以下とも言われているので、売り手市場の職業だからといって何度でも無制限に転職ができるとは考えないほうがいいでしょう。

一般的には20代の看護師転職は2回までと考えておくのがおすすめです。 30代の場合は3回までと考えましょう。

転職回数が増えるとなにが問題なのかというと、新しく面接をした際に「もしかしたらすぐに辞められてしまうのでは?」と求職者側に思われてしまうのです。 いくらやる気がある、がんばりますと言ったとしても転職回数が多いと信用してもらえませんよね。

特に転職理由の中でも問題になりがちなのが、人間関係によるものです。 転職の中にはどうしても仕方がないものもあります。 例えば、あまりにも福利厚生が充実していなかったり、求人票と実際の仕事内容に違いがあったというケースもあるでしょう。

そういった理由であればそれほどマイナスイメージに繋がることはありませんが、人間関係を理由にして何度も転職を繰り返してしまうとその人自体に問題があるのではないかと思われてしまうわけです。

転職回数を無駄に増やさないためには自分に合った職場を見つけることが大切ですよね。 そこで活用したいのが転職支援サイトです。 転職支援サイトを活用すると、専任のコンサルタントに自分に合った職場を探してもらうことができます。

何度も同じ転職支援サイトから紹介してもらっているのに毎回うまくいかないということであれば、選択している転職支援サイトに問題があるのかもしれません。 他の転職支援サイトを活用しながらたくさんの情報を集めて納得のいく転職活動をしましょう。

看護師の初任給事情

看護師は国家資格ということもあり、実際に働き始めるまでには長い時間がかかります。 大変な思いをして取得する資格なのですが、気になる初任給はどれくらいになっているのでしょうか。 一般的に新卒の看護師初任給は19万円~24万円程度となっているようです。 これは他の職業と比べても平均的か少し高いですよね。

病院や施設の規模によっても初任給は大きく違います。 一般的に500人以上の大規模な病院や施設であれば初任給から高収入が期待できるので、収入を重視して職場を探したいと思っている方は大規模な職場を選ぶと良いでしょう。

これは新卒看護師の初任給なのですが、新卒准看護師の場合はどうなのかというと、平均的な初任給月額は15万円~18万円程度となっています。

注意しなければならないこととして、初任給の高さのみで職場を選ばないようにしましょう。 初任給というのは、あくまで始めてもらえる給料のことであるため、キャリアを積めば積むほどもらえる給料の金額は変わっていくものです。

職場によっては長年働いても初任給からそれほど給料が変わらないようなケースもあります。 それに、残業の多さや仕事の内容などによっても働きやすい職場・稼ぎやすい職場は違ってきますよね。

相場に比べてかなり高い給料が設定されているところの中には、看護師が足りておらず激務を強いられるようなところもあります。そのような職場では確かにたくさん稼げるかもしれませんが、体力が続かなかったり仕事に嫌気がさしてしまうかもしれません。

給料が高いかどうかというのは確かに気になるポイントではありますが、働きやすさや自分のライフスタイルに合っているかどうかという点もしっかり確認しておきましょう。

給料のみを重視して職場選びをしてしまうと失敗したと感じる方が多いため、転職支援サイトなどを活用しながら本当に自分に合っている職場がどこなのかチェックした上で就職活動を・転職活動をすることが大切です。