看護師としてさらに飛躍するために持っていたいスキルとは?

働く上で重要視される看護師のスキルとは?!

働く上で重要視されるスキルは、どのような職業でも存在するものです。特に看護師のような専門職であれば、尚更のことだといえるでしょう。 ただし、看護師の資格を活かして働くことができる職場は、非常に多岐に亘るため、どのような職場で働きたいのかによって若干変わってくるといえそうです。

そこで、近年の看護師の転職先として多い、病院、施設、クリニックを例に挙げ、詳しく解説してくことにしましょう。

まず、病院で働く上で重要視される看護師のスキルについてですが、それは病棟勤務の経験だといえそうです。できれば、1つの診療科で長く務めていることが望ましいと言えますが、勤務経験期間としては最低でも3年は必要となってきます。また、採血などの針刺し業務の経験やスキルも、求められる傾向が強いといえそうです

次に、施設の場合についてですが、こちらは病院の時とはちょっと違ってきます。なぜなら、基本的には医療行為に携わることがないからです。 だからといって、看護師としてのスキルが必要ないかと言えばそうではなく、病棟での勤務経験が最低でも5年程度あることが求められます。

場合によっては、3年以上ということもあるようですが、いずれにしても、高齢者の健康状態を的確に判断する能力が重要視されるといえそうです。 最後のクリニックについてですが、こちらは、高度なスキルということではなく、看護師として基本となる針刺し業務などが出来れば良いというケースが多いと言えます。

また、外来勤務の経験があった方が、採用されやすいといえますので、もしも外来勤務の経験がある場合は、アピールポイントとなるでしょう。 クリニックは、比較的少人数の看護師で仕事をしていることが多いため、基本が身についている状態でなければ、仕事を続けていくことが難しいといえます。

以上、3つの職場についてご紹介しましたが、職場ごとによって重要視されるスキルが違うことが分かりますね。また、病棟経験があった方が転職に強いといえそうですので、参考にしておきたいものです。