復職に成功させて、また看護師として活躍したい!

ブランクがある潜在看護師の復職

日勤と夜勤がある病棟看護師の仕事は重労働で生活のリズムも一定ではありません。 ついつい体調を崩しがちになり結果、看護師の仕事を辞めてしまうこともあります。 また結婚・妊娠・出産をきっかけに退職する人も多いです。

その後、体調が良くなったり子育てがひとくぎりついて生活にゆとりができたら復職を考えます。 それと同時に「何年も看護師の仕事から離れたからついて行けるのか?」なんて心配してしまいます。 ここでは、ブランクがある潜在看護師の復職について考えてみようと思います。

「新しい医療機器の使い方は覚えることができるのか」とか「自分が仕事をしていたときの知識やスキルは古くなっているかもしれない」とか「ブランクがある自分が人命を預かる仕事をしても大丈夫か」と悩みはどんどんと大きくなります。 でも最近ではブランクがある看護師向けに入職時に工夫をしている医療機関も多いです。

たとえば「採血の方法や心肺蘇生の方法や医療機器の使用方法」などの研修を実施したり、日勤勤務のみの勤務形態を選べるなどです。 とりわけ入職時研修は看護スキルや知識の基本部分を丁寧に指導してくれるところが多いです。 これならブランクがある看護師の不安を解消してくれるのではないでしょうか。

また介護施設ならば医療行為が少ないので、こういった方面に復職する方法もあります。 職場の雰囲気もピリピリとしたところはなく、のんびりと穏やかな雰囲気で基本的に医療が必要でない人たちが利用しています。こういったことからもブランクがある看護師でも馴染みやすい職場だと思います。また、美容外科看護師も、ブランクのある看護師にオススメの職場です。

次に復職する場合の心構えも大事な部分です。 新人ナース時代のような「看護という仕事へのやる気」と「謙虚な気持ち」を持ちましょう。

もしもブランク前に最先端医療をしている急性期病棟でバリバリ仕事していても、それは過去の話です。 「看護スキルや知識が古いかもしれない」とか「ブランクがあること」をしっかりと認識して欲しいです。 復職した当初は大変だとは思いますが短期間に現場感覚をとりもどせます。

以上、ブランクがある潜在看護師の復職について考えてみました。 だれでも復職する時にブランクがある看護師は少なからず不安を持っています。 復職へ向けての心構えをしておき、その不安を解消してくれる職場を選べばよいのです。