円満退職なら新しい職場で気持ち良くスタートが切れますね!

円満に看護師の仕事を退職するには

働いている間は楽しく働くことができたとしても、退職時にトラブルが起きてしまうこともあります。 転職をする場合も、前の職場をできるだけ円満に退職したいものですよね。 当然のことですが、退職を突然伝えたとしても前の職場に迷惑をかけることになってしまいます。 そんなことを言われたほうも大変ですし、なによりマナーがなっていません。

看護師が不足している職場が多いということもあり、ある程度の期間勤めていた人であれば、担当している仕事もあることでしょう。 そういった仕事の引継ぎもしっかり行わなければならないのです。

退職を決めた場合、まずは直属の上司に報告をする必要があります。 少なくとも2か月前には退職の意思を伝えなければならないと決められている場合が多いので、職場の規則を先に確認しておいたほうがいいでしょう。

職場によっては、これが3か月前と設定されていることもあるので、早めに確認しておくことが重要です。 特に正社員として働いていた状態から退職をする場合、年金や保険など、様々な手続きをしなければなりません。

中には、人手が足りないからという理由で引き留める職場もあります。 しかし、そこで退職を考え直してしまうと、その後は退職を切り出しにくくなってしまうので、決断をしたのであれば強い意志を持って伝えることが大切です。

退職の日付については、こちら側が勝手に決められるものではないので、上司と相談をしながら決めることになります。 退職届を提出するのはそのあとの話なので、退職を伝えると同時に退職届を出すことがないようにしましょう。

担当していた仕事がある場合は、業務の引き継ぎを行う必要がありますが、これは後任が分かりやすいように工夫しなければなりません。 マニュアルの作成を指示される場合もあるので、上司の指示に従いましょう。

退職時には業務時間以外にも様々な手続きや準備を行う必要が出てきますが、円満に退職をするためにもしっかり対応したほうがいいですね。